湯河原老人ホーム施設長ブログ

命の尊さ

inoti
今日のニュースで感じたことです。
 
18年前の今日、阪神淡路大震災がありました。 6434人という多くの命が失われました。
もうすぐ2年が経とうとしている3月11日、東日本大震災がありました。
2万人を超える犠牲者と、今もなお、余震や復興と向き合い、様々な想いを抱えていらっしゃる方がいます。
10日ほど前、友人が病で亡くなりました。 想像をしていなかった出来事に、胸が張り裂けそうでした。
 
今ここで、空気の冷たさ、人々の温かさを感じながら、大地を踏みしめ立っていられることに感謝と、
そしてあらためて一人ひとりの命の尊さを感じます。
 
今もなお、亡き家族を想い流れる涙……。
 
悲しさや辛さを感じる心は、きっと喜びや幸せを感じる準備をしているのでは……。
どうぞ、“今” を生きているみなさんの心に、人々の温もりが届きますように。
そして、命を失われた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

<< 『受け月』に願う   胃ろう 特養の7割が受け入れ制限 ② 【雑感】 >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求