湯河原老人ホーム施設長ブログ

理事長のことば

odawara-sakura
暖かい日が続き、あっという間に桜が満開となりました。
しかし……この数日、肌寒く、桜の花も戸惑っているかもしれません……。
 
先日、法人2施設の合同会議がありました。
今年度の運営を振り返り、次年度へ向けての意見交換の場で、
理事長が30年以上前の開設当初の話をされました。

この法人で働く者として、とても胸が熱くなりました。
 
海を見下ろす、湯河原のみかん畑の中に、50床の施設が開所しました。
 “ゼロ” から、スタートし、一つひとつ積み上げてきた職場の仲間を、
「一緒に成し遂げてきた私の“戦士” であり “同志” です」 と理事長。
 
亡くなった前理事長の棺に、「あちらの世界で、また施設を作って待っていてくださいね」
「日本一の施設にしましょうね」 と語りかけていたそうです。
今も、理事長の周りには、開設当初の “同志” が集まります。
「あの頃」 を振り返り、「楽しかったこと・大変だったこと」などなど、大きな声で笑い飛ばしています。
 
職場でこのような “同志” が、できることは、とても素敵です。
「いい施設にしよう!」 と同じ目標に向かい、様々な場面を一緒に歩んできたからこそ、
“今” 共に笑える仲間がいるんですね……。
 
先輩方の姿は、とても輝き、温かく、私たちに勇気を与えてくれます。
「働く」 って素晴らしい! 「仲間」 って温かい!
よき先達が、築き上げてくださったこの法人を、今、ここにいる “同志” と共に、大切にしていきます。
 
先輩の皆さま方、改めてお願いがあります。
いつまでもお元気で、私たちの “よき先導者” でいてください♥
 

<< 新年度スタート!   ラブ ♥ レター >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求