湯河原老人ホーム施設長ブログ

らぁ麺屋 飯田商店さん

ra-men
今日は、町内にある “ らぁ麺屋 飯田商店 ” さんが、来てくださいました。
施設の中は、まるで “ ラーメン屋さん ”  のように、スープの香りが漂い、
にぎやかな声が聞こえ……活気があふれていました。
 
チャーシューも、ネギも、三つ葉も、海苔も、メンマも……もちろん麺もスープも !
すべて、とっても美味しかったです。
 
ご自身のお店も、お忙しいのに……
こうして、定期的にシーサイドに来て下さる……その想いを、聞かせて頂きました。
 
◇ラーメン屋さんに、なろうと思ったきっかけは ?
   母がガキ大将を始めて、東京から呼び戻されたため。
 
◇多忙な中、ボランティア活動を続けられている理由は ?
   ①普段、ラーメンを食べに来れないお年寄りに、食べて欲しいからです。
   ②震災の時に困っている人たちを、ラーメンで助けられなかった心残りと悔しさ。
     人に何かしなければ。
   ③商売の原点を見つめ直す事が出来る。
   ④自己満足……

 
◇次回は、子供たちにも……と聞きましたが、その想い(発想) は、
  どこから湧いてくるのですか ?
   単純にその映像が出て来て、ステキだなぁ……と、それだけです。
 
◇プロ(仕事人)として、意識していることは ?
   ①人を殺さない事
   ②お湯が沸けば、らぁ麺はつくれる。

 
◇今後の展望・夢は ?
   ①愛ある店だけ増やしていく。
   ②飲食業の地位を上げ、平均所得(飲食業)が、
    下位にあると言われている、それを上げる。
   ③ハワイ出店
 
飯田さんの愛情いっぱいの “ らぁ麺 ” と、優しさあふれる笑顔に、
今日は、たくさんの “ 元気 ” をいただきました。
 
「 ステキだなぁ……と思った事をやっていく 」
シンプルだけれど……人に喜んで頂く原点があるように感じました。
 
今日は、ホントにありがとうございました。 
感謝の気持ちを込めて……「 ご馳走様でした ! 」
 

<< シーサイド流 心意気   不適切なケアについて その2 >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求