湯河原老人ホーム施設長ブログ

ハキリアリから学ぶ 働くこと②

hakiriari2
せわしく動くあの小さな個体のどこに、
こうした組織活動への知恵が埋め込まれているのでしょう ?
 
私たちは日ごろあれこれ、意味をつけ過ぎたりしていないでしょうか ?
一つひとつの行動や行為には、意味があるはずだと……
解を求め過ぎたりしていないでしょうか?
 
人間の手による解析結果がどうであれ、私はハキリアリの行動に圧倒されました。
考え抜かれた計画はなく、助け合いの心意気や臨機応変といった機敏もなく、
あるのはたぶん、DNAに組み込まれた図面……
ひたすら生きるための所作ではないかと思えるのです。
 
さて、私たちは何のために働くのか ?

生きるための糧を得るために、張り合いのある日々を過ごすために、
他人に喜ばれたいために。

答えはいくつもあるでしょう……けれども…
働くことと、生きることは、もっとストレートに直結している気がします。

“ 生きるため ” に生命体は、雑音に惑わされることなく一心不乱に活動する。
立ちすくまないで動き続けることが、ひいては働くことになっていく。
とてもシンプルなことですが……ハキリアリの姿を見ていると、そう思えるのです。

<< ツバメ   ハキリアリから学ぶ 働くこと ① >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求