湯河原老人ホーム施設長ブログ

三人寄れば文殊の知恵

ri-da-kaigi
毎月第1火曜日。
介護主任・ユニットリーダーとの定例会議があります。 
 
現状を報告し合い、課題解決に向けて意見を出し合う。
一人では重たい事象も、この場で話すと、ポンと前に進めるスイッチを
押してもらえるような……シーサイドにとっては、欠かすことのできない場です。 
 
三人寄れば文殊の知恵―――どころではありません。
10人の知恵が集結し、これまで様々なことを乗り越えてきました。 
 
今回は、同一法人の湯河原老人ホームから、
副施設長と介護主任の二名が参加してくれました。
同じ町内にありながら、なかなか話す機会がなかったのは、
それぞれの意向に沿った事業展開がよいと関係者が思っていたからでした。 
 
けれども時々刻々制度が変わっていくなかで、
法人は一枚岩となる必要性を痛感しています。
強いところはより強くし、弱い部分は相互に補強したい……
そんな思いから、合同会議になりました。 
 
これからは、もっと多くの知恵を集結し、
もっともっと成長できるのでは??? と、暗い話の多い介護業界に、
明るい未来が見えてきた気がします。 
 
“成長”とは、組織の規模のことではありません。
組織を構成する“質”とでも言いましょうか?
きびしい環境に置かれても、打たれ強く、“質”の高い組織になるには、
弱点から目を逸らさず、自分たちの手で切磋琢磨していくしかないのです。
まだまだ、課題が山積しているのも事実です。
しかし、課題を解決できる人財が、こんなにも身近に存在しています。 
 
心強いです ――― いつも、ホントにありがとう♥

<< 診療所の工事……順調です!   クリスマス >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求