湯河原老人ホーム施設長ブログ

敬老の日

敬老の日は、
“長い間社会の為に尽くしてきた高齢者を敬い、
 長寿を祝う日とされています。
 また、それとともに高齢者の福祉について関心を深め、
 高齢者の生活向上に努めるよう若い世代に促す”
という気持ちが込められているそうです。
なぜ9月なのか―――というと、
593年の915日、聖徳太子が大阪に
今でいう老人ホームのような施設(悲田院)を
設立した日にちなんで……とも言われています。
 
慈悲の心からはじまった福祉が、制度となり、
それによって、制度のはざ間で、困っている人へ、
なかなか手が届かない……といった矛盾も生まれてしまいました。
“生活困窮”の要素が連鎖し多様化する社会においては、
「 応用力と対応力 」が急務なのでしょう。
2017
年の社会福祉法人 制度改革は、まさに、
制度として「 “福祉”の原点へ立ち返る 」ことを
求められているように思えます。
 

敬老の日ということで、OB職員の方が、ススキを、
山から採って来てくださいました。
それに合わせ、秋の草花を抱えた理事長の登場。
1階のエレベーターホールに活けてくださいました。

風にゆらゆら揺れるススキは、まさに秋の風物詩。
夏から秋へと季節が変わったことを、
草花から気づかせてもらうと同時に、
敬老の日を祝う先輩方の“心の遣い方” に、
大和撫子を感じた日となりました。
akinokusabana

 


 

<< 守るべきものの守り方   法人の歴史 >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求