湯河原老人ホーム施設長ブログ

十五夜 (10月4日)

jyugoya osonaesusuki
104日(水)は、十五夜でした。
施設でも―――
すすきや敷地に咲いていたシュウメイギク(秋明菊)、
お月見だんごのかわりに、
温泉の町ならではの、温泉まんじゅうをお供えしました。
この日は、厚い雲に覆われていたので、
“まんまるお月さま”は見えないだろう……と思い、
インターネットから満月の画像をプリントし、
窓ガラスにペタッ! 準備完了です。

夕食を終え、20名弱の入居者の方々と、お月見をしました。
ペラペラな紙の、まんまるお月さまを見て、
「なに~?これは?まったく変なこと考えるわね~」と
入居者さんから呆れた声や、笑い声。
美味しい温泉まんじゅうを食べながら、
楽しいひと時が過ごせました。

最近は、秋の行事といえば―――
“ハロウィン”が、主流になりつつあるようですが、
やはり、昔から続いてる行事は、
日本の季節を感じられ、なんだか「ホッ」とします。

入居者の方が楽しめるように…と企画+準備ををしてくださった皆さん、
ありがとうございました。
mangetu


仕事を終え、家に戻ると、“ほんもの”のまんまるお月さまが
姿を見せてくれました。

   ご挨拶 >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求