浜辺の診療室から

プロ意識 その2

tabounahito
その昔、とある職場で、「 あのスタッフさんは、希望を聞いてくれない 」 との苦情が出ました。
スタッフは、「 聞かなかったのではなく、ものごとには順序があるから 」 といいました。
「 そのときは対応できなかったが、していた作業が終わったら対応するつもりだった 」 と弁明したのです。
すると、隣にいた別のスタッフが、こういったのでした。
「 一人ひとりから意見を聞いている余裕は、わたしたちにありません。仕方がないのではないでしょうか 」。
 
たしかに余裕のない職場です。
あれもしなければならない、これもしなければならない。
しかも人員は増えない。
緊急入院があるなかで、そうした事情があるのはたしかです。

けれども事情というなら、どの職場にもひととおりの事情はあるでしょう。
職場には、ある風土ができあがっていました。 できない理由を、まず挙げるという風土です。

<< プロ意識 その3   プロ意識 その1 >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求