浜辺の診療室から

思考における促進系と抑制系   認知症をめぐって(その5)

認知症を抱えると、社会のなかで生きてゆくことが難しくなってしまう。
なぜでしょうか。

理由のひとつに、思考における抑制システムの脆弱化があります。

 

たとえば、思考や欲望は無方向に膨らみますが、それをやってはいけないなと判断すると、
わたしたちはやりません。そう判断するかしないかは、もっぱら経験によります。
自らの経験や、見聞きして知った経験と照らし合わせるのです。

そこには 「 したい 」 という促進系の作用に対して、「 ダメ 」 という抑制系の作用が、

例外なく働いています。

 

認知症の症状のひとつに 「 保続 」 というものがあります。

いったん浮かんだアイデアが抑制されることなく、不必要に続くため、

思考する作業が先に進めないといった症状です。

あるいは 「 迂遠 」 という症状も知られています。話が回りくどくなり、冗長になってしまう。

 

たとえば、についてあるところまでしゃべったとき、はここまでにしておいて、

次の とのつなぎをどうするか考え、「 ところが 」 とか 「 一方 」 とつないだあと、を語る。

ひいては 「 そういったわけで 」 、でしめくくるという作業。

これをしようとすると、については一旦終わるという 「 抑制系 」 の作業が、

どうしても必要になってきます。

<< 症状と社会からのアシスト   認知症をめぐって(その6)   思考と社会的知能   認知症をめぐって(その4) >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求