浜辺の診療室から

救命センターから   最期をめぐって(その1)  

高齢者が入居している施設でしばしば問題になる課題に、終末期対応があります。

高齢者の最期をめぐる問題は、死生観をはらんだテーマです。一施設で終結する話ではありません。

 

終末期をめぐって、介護の現場と医療の現場で、何が起きているのか。

参考として、中日新聞の記事(2011628日朝刊)の抜粋を、以下に掲げます。

「終末期を考える 心肺停止の高齢者増える119番 救命医療の現場を圧迫」という名の記事です。

 

名古屋市中区にある名古屋医療センター。
昨年7月、市内の特別養護老人ホームから、104歳の女性が心肺停止状態で救急搬送されてきた。
特殊な気管チューブによる気道確保と心臓マッサージ、強心剤の投与などを続けたが蘇生することはなく、
病院到着後32分後に死亡確認した。

女性は施設の誕生日会に出ていて、介護士の問い掛けに急に反応しなくなり、施設が119番したという。
一般的には老衰状態とも思えるが、高橋立夫・救命救急センター長は「100歳を超す高齢者でも、
救命救急センターに連れてこられる以上は、最大限の救命措置を取ることになる」と話す。(中略)

心肺停止状態の患者の対応には、医師や看護師計5人前後が付きっきりで対応する。
救急医療の現場は医師不足が顕著のため、他の患者受け入れを断らざるを得ないこともあるという。
高橋センター長によると、全国の救急医療の現場が同じ問題に直面している。(以下略)

<< 搬送する理由は、クレーム対応にあり?   最期をめぐって(その2)     閑話    急変の解釈 >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求