浜辺の診療室から

閑話   ひとり身のこころ    老いあれこれ(その13 終わり)

hon
『高齢者の孤独――25人の高齢者が孤独について語る』という本をもとに
独居で暮らす高齢者の声に耳を傾けてみると、
配偶者の不在以外にも、孤独の要素が複雑に絡み合っていることがわかる。
たとえば話し相手がいないことで孤独は深まり、
社会から必要とされていないと感ずることで、
無力が募ったりしている――。  
 
本を一読することを皆に勧めて、50代女性の話は終わった。
わたしはといえば、むかしのことが思い出され、少しだけわかる気がした。
およそ15年前――19年共に生きた連れ合いが病により永眠した。
配偶者を失ったケースの場合、それまで住んでいた場所に留まる例もあれば、
新天地に移る例もある。
前者には、子どもが友だちを失いたくなかったり、
他の同居人がいたりといった理由が少なくないようだ。 
 
わたしの場合は、ふたりだけの生活だったし、
家を買ってまもなかったこともあったからか、
住民票のある町が、わが町であるとの感覚がなかった。
ともあれ都会を離れる決断は、早かったように思う。
一日の仕事を終えて電車に揺られ、新たな家がある町の駅に降り立つと、
知らぬ町の空気が一切をリセットしてくれる気がした。 
 
いまこうして振り返ってみると、
ふと揺らいでしまう気分を、幾度となく経験したように思う。
それらをみつめる気力はなく、対峙する気構えもなかったから、
遠くだけをみて一年、二年、五年、十年と暮らしていた。
高齢者は、どうだろう。
それらから目を背けて、暮らし続けることは可能だろうか。
苦渋に身を削りつつ、生き続けるしか手はないのだろうか。
rouhujinn

<< ひとり残されて     老いびとのこころ(その1)   閑話   日本はデンマークの2倍    老いあれこれ(その12) >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求