浜辺の診療室から

ボランティアの精神

巡回診療の日は、ラーメン喫茶の日だった。
せっかくの機会なので、診療の前に一杯いただくことにした。
飯田商店は当地湯河原だけでなく、
マルちゃんの東洋水産からカップラーメン化もされた
有名なお店。
その店主が施設に来て、本場の味を提供してくれる。 
 
今回は同僚の職人さんと思われる2名とともに、
3名で調理にあたっていた。
入居者とそのご家族と介護スタッフたちが
プロの調理人たちと施設内ホールにいる光景は、
ほんのりとあたたかい。 
 
短い時間だが、ひとことふたこと飯田さんとことばを交わした。
感謝の意を伝えたら、
「お店に来たくても来られない方たちのために……」。
さらりと言ってのけた飯田さん。  
 
 
出張ラーメンは、今回で6回目だという。
一度でも大変なことだが、継続するのはもっと大変なはず。
それをおくびにも出さない。 
 
すごい方だとあらためて思う。
本当に頭が下がる。
ボランティア精神の真髄を見た気がした。
iidashouten-saniidashouten-san2
 

<< 閑話  語り継がれる“悲劇”から(介護職場の課題 その1)   シーサイドサンクス賞 選考にあたり >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求