浜辺の診療室から

必要なもの    本日休診その22

むかしはよかったなどというと、
年輩者はこれだから困ると、若い人たちから非難されそうです。
昭和を懐かしむ番組をBS放送で見たことがありますが、そんなとき
それでもむかしはよかったとの思いが湧いてきます。
むかしのすべてを賛美しているのではありません。
昭和には、あの忌まわしい戦争がありました。
わたしも幼少時から学童期にかけては、非衛生な日々を経験しました。
肛門からうどんのような回虫が出てきたときは、
その恐ろしさに叫び声をあげたこともあります。 
 
最近のニュースではポケモン報道があり、
原発や豊洲市場の報道が毎日のように流れます。
お金や時間は有限なはずなのに、
結局捨てることになるらしい億円や兆円の話がしばしば出てきます。
現在まで行われてきた「現代のあり方」が理解できないまま、
立ちすくんでいます。
同様に、他人ごととはいえ
ポケモンなどゲームに費やされる時間について、
つい考えてしまうことがあるのです。
たしかにジャック・アタリは名著『21世紀の歴史』のなかで、
市場の時代に対処するために肥大する二大産業に保険と娯楽を挙げ、
情報・ゲーム・娯楽の台頭を予言していました。
 
 先日、となり町の熱海に行ったとき、
小さな書店で『伊豆半島の昭和』という写真集を見つけました。
今年の8月に発刊された厚さ3センチもある重たい本です。
現在、診療所の待合室の書棚に収まっていますが、
その写真集には、海水浴場に立つ日に焼けた学童がおり、
トラックが停車している路地にいくつもの商店が並び、
さざえのつぼ焼き屋があり、射的屋があり、
川のなかには牛を引く人の姿があり……。
坊主頭とおかっぱ髪で占められた学童たちは、
いかにも健康そうです。 
 
お金はなかったが、自由になる時間をたくさん持っていた人たちは、
何を必要とし、何を楽しんでいたのか。
そう思いながら、
天高く馬肥ゆる秋の空を眺めています。

akinosora

<< それでもガンがいいですか?    本日休診その23   まもなく秋本番です    本日休診その21 >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求