シーサイド湯河原施設長ブログ

介護は激務?恵まれない?

テレビやネットで、介護は薄給激務だと言っています。

 「もっと給料を上げるべきだ」と。  

 

 介護って他の仕事に比べて激務なんでしょうか? 

実は自分はそうだとは思っていません。   

 

 

自分自身10年以上現場で介護の仕事をしてきましたが、

 他の業種に比べて激務だと感じた事はありません。   

   

 

私は高校を卒業して、とある印刷工場に勤めました。 

3交代で夜勤があり、介護より力仕事は多く大変でした。 

転職してIT関係の営業マンになりました。 

朝から夕方まで外回りで何十件と営業にまわり、ノルマに追われ、これは激務でした。 

その後、縁あって介護の仕事に転職したんですが…(実は手違いで介護業界に入りました())

介護職の夜勤も一晩やればヘトヘトです。 

ハンバーガーも一晩中作り続ければヘトヘトです。 

車も一晩中運転すればヘトヘトです。 

コンビニの深夜バイトも朝にはヘトヘトです。  

何が言いたいかと言いますと、

「どんな仕事も大変なんです」    

 

 

どっかから湧いて出る介護業界の「恵まれてないアピール」は社会的地位を下げる一方です。    

最近見たニュースに「勤続10年以上の介護福祉士は約8万円給与アップ」とありました。 

ニュースサイトのコメントに

「誰でも出来る底辺職に税金を使うな」

というようなコメントがありました。 

何言ってんだ!と思う反面、確かに今のレベルではそう言われても仕方ないのか…と思う自分もいたり…。    

 

介護職は良くも悪くも今とても注目されています。  

 

 介護福祉士は福祉のプロであり、認知症介護、身体介護の専門家です。 

「恵まれてないから給料あげて」ではなく、

 「こんなに専門的な仕事をして、需要もある、今後多くの国民を支えていく仕事なんだから、給料はもっと高くあるべきだ」と言えるようになりましょう。  

テレビや新聞でもそう取り上げてほしいなぁ。 

<< 介護職&看護職募集中です(`・ω・´)ゞ   自立支援? >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求