シーサイド湯河原施設長ブログ

身体拘束

最近湯河原老人ホームに入職した職員をシーサイド湯河原で研修しています。

 

その新入職員と先日面談している最中に、

「身体拘束」の話になりました。

 その職員が以前勤めていた職場は病院で、身体拘束がたくさんあったとの事。

 

私が昔勤めていた病院でもたくさん身体拘束(抑制)がありました。

・車いすに帯のようなもので縛られている人。

・ベッド上で、手足をベッドに縛られている人。

・腰をベッドに縛られている人。

・車いすのタイヤに杖を差し込まれて動けなくなっている人。

・車いすと柱がロープでつながれている人。

など…

介護の仕事をその病院で始めた自分にはショックでしたが

それも次第に慣れていきました。

縛らないと先輩に怒られるし、

そうしないと患者さん(当時は病院だったので)が大怪我をすると思い込んでいました。

 

今思えば、縛られりゃ暴れるし、怒るさ…

そんなとこいられないし逃げ出したくなるさ…

あの時の患者さんたちもそうだったんだろうな…

 

病院から湯河原福祉会に勤め先を変えて、

身体拘束廃止のマニュアルがあって、

車イスは縛らない、手も足も縛らない

ベッドに縛り付けたりしない

 そしたらほとんどの人が暴れないし、怒らない

 病院で守っていたのは患者さんじゃなくて

自分たちの「業務」と「ペース」だったと思い知らされたものです。

 

そんな思い出も新入職員と話し、

病院とは違う、特養の凄さと底力を思い出した日でした。

<< 新入職員研修   平等は公平か? >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求