シーサイド湯河原施設長ブログ

7月の地域公開講座「認知症サポーター養成講座」

7月の地域公開講座は「認知症サポーター養成講座」です。

 

厚生労働省の発表では、団塊の世代の多くが65歳以上のになる

 

2025年には認知症の高齢者は700万人になるといわれています。

 

これは65歳以上の人の5人に1人が認知症になると予想されているということです。

 

近所で元気なあのおばあちゃんも、

 

定年まで勤め上げたお父さんも、

 

認知症になるかもしれないのです。

 

さて、認知症ってどんなものなんだろう?

 

どんな症状があるんだろう?

 

身の回りの人が認知症になった時、どう接したらいいんだろう…。

 

そんな疑問と不安を7月の地域公開講座で解消します。

 

この「認知症サポーター養成講座」は国の施策「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」

 

に位置づけられています。

 

受講者の皆さんには受講後、認知症サポーターの証としてオレンジリングを差し上げます。

 

このリング、ちょっと注意して見てみると、いろんな人がつけています。

 

役場の職員、配達のお兄さん、銀行で見かけることも。

 

全員「認知症サポーター」なのです。

 

みなさんも「認知症サポーター」になって、

 

認知症になっても安心して暮らせる地域を作りましょう!

 

【日時】 7月14日(土) 14:00~(1時間程度を予定しております)

【場所】 シーサイド湯河原 地域交流ホール

【その他】 参加費無料  駐車場有  どなたでもご参加ください

 

私は介護のプロを自称しているので、このリングがどうしても欲しくて講習に先日参加しました(笑)

<< オムツ講習会 ( 株式会社 光洋 )   かながわ介護サービス等向上宣言 >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求