シーサイド湯河原施設長ブログ

文化祭にむけて

介護主任のブログでも書いてありました「シーサイド文化祭」

 

どのユニットも9月中旬からの展示に向けて本格的に作成を始めているようです。

 

大きな作品を作っているユニットもあれば、

 

入居者個人で作成している方も!

 

初めての取り組みなので、余計に楽しみです!

 

今日も休みの職員が職場にきて、入居者の方々と作品を作成していました。

 

手がうまく使えなかったり、集中した作業が苦手な方と作品を作っていたので

 

どうやって作るのかと少し見せてもらいました。

 

なかなか集中できず手が上手に使えない方は両手で職員がサポート

 

 

職員がやってしまえばほんの数秒で終わる作業を

 

入居者と一緒に何分も、何度も取り組んでいる姿に

 

「さすがだなぁ」と感心(*´ω`*)

 

職員が「次は〇〇さんの番ですよ~」と片麻痺の方の横につき、

 

かけた一言が、

 

『私がこっちの手になりますね~』

 

ドキッとしました。

 

この一言に介護っていう仕事が詰まっているんだよなぁ。

 

病気になっても、障害を負っても、私たちがいれば変わらず生活できる。

 

その為に全ての福祉職がいるんです。

 

麻痺のある側につき、手の代わりをする職員。

 

無事、作業ができたようです(*´ω`*)

 

 

この小さな「何か」がどんな作品になるのかはシーサイド文化祭までのお楽しみ( *´艸`)

<< 娘の病気   オムツ講習会 ( 株式会社 光洋 ) >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求