スタッフブログ

折り紙の思い出(ケアマネ大野)


今日の手芸クラブは、折り紙をしました。
病気の後遺症で指先が上手く動かない方、形を捉えたり、折る順序を理解したりすることが
難しい方、色々な方が参加されましたが、それぞれに、表情のある鶴を折ることができました。
私のクラブ活動での楽しみは、入居者の方々とのおしゃべりです。
いつもと違う活動は、入居者の方々の気持ちも刺激するようで、今まで聞いたことのない話を
して下さることも多いからです。
今日も、「騙し船」という、しかけのある船を一緒に折り、入居者のAさんに騙され役を
やってもらったところ、大いに驚いて下さった後に、ふと穏やかな笑みを浮かべられ、
「そういえば、私の母も、あの手この手で私を楽しませてくれましたが、その中に、この遊びも
ありました。今、思い出しましたよ。懐かしいなぁ。」と、お母様との思い出話を語って下さりました。
今は銀髪のAさんが、やさしいお母様と遊んだ幼い頃の思い出話に、私もあたたかい気持ちになりました。
家に帰ったら、うちのやんちゃ坊主と一緒に、折り紙遊びをしようかなと思います。

<< クリスマスの準備(ケアマネ大野)   嗜好調査アンケート結果(管理栄養士・尾崎) >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求