スタッフブログ

ヨーロッパ海外研修NO4(介護主任:鈴木)

平成24年9月18日(火)

海外研修4日目。この日は、2施設を訪問しました。

午前中は、セバスチャン・シュピタル(介護ホーム)。

午後から、ニュルンベルグシュティフト・ハイリヒ・ガイスト・シュピタル(高齢者住宅)を訪問しました。

両施設とも、長い歴史があり、建物自体が、ドイツの昔ながらの由緒ある作りで、施設入居者の

住み慣れた「住まい」をコンセプトにしている。

ドイツでは、「老人看護師」と言う、老人看護専門の資格があり、医療行為が出来る介護の

スペシャリストと言っていいだろう。

日本の介護施設でも、医療行為(経管栄養・喀痰吸引)が必要とされる方がいるが、ドイツでは、

そのような課題をいち早く対策し、さすが福祉の先進国だと考えさせられた。

<< ヨーロッパ海外研修NO5(介護主任:鈴木)   ヨーロッパ海外研修NO3(介護主任:鈴木) >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求