スタッフブログ

ヨーロッパ海外研修NO5(介護主任:鈴木)

平成24年9月19日(水) 海外研修5日目

この日は、2施設訪問しました。

午前中は、介護ホーム ヘスへ伺い、認知症ケア及び寝たきり高齢者

について介護現場を視察しました。

午後からは、ゾンネンシャイン デイサービスセンターへ伺いました。

視察先の居室見学をさせて頂いた際の気付きで、ベッド降り口の

ベッド柵(頭側)が設置されていませんでした。

施設職員に話を伺うと、「自由を奪い、身体の拘束」と言う意味合いで、

ベッド降り口の頭部側ベッド柵でも身体拘束となり、もし使用する場合は、

裁判所の届け出が必要と説明を受けました。

この日で、ドイツの施設訪問・視察は終了です。

次回から、ロマンチック街道シリーズをお送り致します。

<< ヨーロッパ海外研修NO6(介護主任:鈴木)   ヨーロッパ海外研修NO4(介護主任:鈴木) >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求