スタッフブログ

認知症  ≪ ユニットリーダー:田村 ≫

最近では認知症という言葉が、一般的になり始めて
「ボケ」とか「痴呆」とかいったものが、聞かれなくなってきました。
 
しかし、実際のところ、家族の方が認知症を発症されたことに
「認知症」と気づかないケースが多いようです。
もっともっと世の中で「認知症」という言葉と
認知症にはどんな症状がみられるかということを
広げる必要があることに加えて、私たち介護従事者も当然、
認知症の方への理解や知識を深めていくことは不可欠になります。
 
認知症を発症された方のご家族は
不安な気持ちでいっぱいになると思います。
そんな気持ちが少しでも和らぐよう、
ご近所や地域との繋がりが強く求められます。
 
悲しいことかもしれませんが 人は生ある限り必ず年を重ね、
加えて老いも重ねていきます。
これからも認知症の患者さんは
年月が過ぎるとともに増えていくことでしょう。
 
そんな話題を明るく照らし、歩む先に希望が持てる世の中を
「みんな」で作っていきたいものです。
 
では また!

 hikari

<< お年寄りの「あれ」の意味  《 介護主任 : 樋口 》   大切にしていること ≪ ユニットリーダー : 田村 ≫ >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求