スタッフブログ

「差別用語」 《介護主任:樋口》

最近気になることがあるんです。
福祉の仕事をされている方なら
ときどき耳にすることがあると思います。
 
「最近あの人『認知』進んだよね~」
「ちょっと『認知』入って来たんじゃない?」
 
と業界人ぶっているのか、専門用語使ってますって
思っているのか
『認知症』を『認知』と略す人、いますよね(-_-;)
 
認知症も何種類もあり、症状も対応もそれぞれ違います。
 
たぶんこうやって『認知症』を『認知』と略す人は
『認知症』=『ボケ』くらいにしか、思っていないんでしょうね。
 
現在では、広く知られている「認知症」も
以前は「痴呆」でした。
 
「痴呆症」が「痴呆」と略され、のちに差別用語とされる。
「認知症」が「認知」と略されている福祉や医療の現場。
現場はまた「認知症」を差別用語にしてしまうんでしょうか……。
 
差別用語を生み出しているのは「人権団体」や
「BPO(放送倫理・番組向上機構)」
各業界の
「倫理委員会」ではありません。
その言葉を使う自分たちだということを、
忘れないで欲しいと思います。
 
自分たちの仕事を
自分たちで難しくすることがないようにしましょうね。

kaiwa

<< 介護と料理 《介護主任:樋口》   お年寄りの「あれ」の意味  《 介護主任 : 樋口 》 >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求