スタッフブログ

ハロウィンの朝(ケアマネ大野)

今日は、ハロウィンです。日本でも年々盛り上がって、この時期になると、期間限定のお菓子やグッズが出回ったり、催し物が開催されたりと、年中行事として定着してきた感がありますが、さすがに、特養に入居される年代の方々にとっては縁遠く、未知の外国行事です。介護員さんたちがハロウィンの季節飾りをにぎやかにしても、「かぼちゃ…。収穫の秋だね!」といった調子で、その都度、「外国の行事でね…。変装してね…。子どもたちにお菓子をね…。」なんて、一から説明しなくてはならない状態なので、他の年中行事の様なことはせず、何となく過ぎていく一日になるはずでした。

ところが今朝、いつも通り出勤して、上履きに履き替えようとした、その瞬間、後ろから人の気配が!

「ぎゃああああ~。」絶叫しました。長男出産の時に匹敵する、久しぶりの大絶叫でした。

お化けの正体は、今月、新しく入職した介護員さん。自ら企画して、朝早くから職員通用口にひっそり待機し、出勤する職員一人一人を驚かせては、お菓子をプレゼントしてくれました。刺激的なサプライズでしたが、楽しい朝になりました。こんな風に、新しい仲間が増えることで、楽しいことも増えていくって、嬉しいことです。

ただし、刺激が強すぎるので、職員限定のサプライズに留め、入居者の皆さんにはハロウィンにちなんで、給食に美味しいかぼちゃプリンを楽しんでいただきました。

<< お久しぶりです!  《ユニットリーダー : 荻野》   H29. お料理クラブ 3月・4月・5月 ( 管理栄養士 尾崎 ) >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求