スタッフブログ

お花見ドライブ(ケアマネ大野)

先週は、2分か3分咲きくらいだったのに、26日(月)に千歳川沿いを通ると、桜が満開に。

「急がなくては間に合わない!」と、職員と車の調整をして、お花見ドライブへ出かけています。

施設を出発して、まずは、春陽に輝く吉浜の海に、「うわぁ~。」と歓声。「家からも、海が良く見えたのよ。熱海の花火も、畳に寝転んで見えたんだから。」とお話しされる方、民謡を歌い始める方と気分もアゲアゲです。

国道から千歳川沿いに進むと、川沿いに桜並木が見えてきます。満開の桜は、そのまま川にこぼれ落ちそうなほどで、その見事な咲きっぷりに、「うおぉぉぉ~。」と歓声を超えた、雄たけびの様な声を出された入居者の方もいらっしゃいました。

「私、出かけるの大好き。こんなの初めて。」「最高! 最高!」と大喜びされる方。言葉にはならなくとも、桜を見上げ、穏やかに微笑まれる方。春の暖かさと車の心地よい揺れで、ぐっすり眠ってしまう方。皆さん、それぞれに春のお出かけを楽しんでいただけたのではないかと思います。

100歳を超えるAさんが、車の窓に顔がくっつきそうなほどに、ずっと外の景色を眺められ、「幸せ。私は幸せ。」としみじみと仰った一言が心に沁みました。100回以上の春を迎えられた人生の中には、美しい桜、楽しい桜もあれば、悲しい桜もあったと思います。

それでも、今年の桜を見て、「幸せ。」と感じていただけたこと、その一言が聞けたことは、私たちにとっても、何より幸せなひと時でした。

きれいな花は何万とありますが、日本人にとって「桜」は特別な花だということを、入居者の皆さんと花見をしたことで改めて感じました。

<< 大正琴コンサート(相談員武石)   節分の日(相談員武石) >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求