シーサイド湯河原施設長ブログ

冬来たりなば春遠からじ

2020年、新しいウイルスが猛威を振るい、日本のみならず世界中が

 

予期せぬ事態に、多くの尊い命が失われ、たくさんの人が悲しみに暮れて

 

います。今もなお、見えないウイルスに不安を募らせながら過ごす日々…。

 

最先端の科学をもっても、明らかにできない正体不明の存在に対する恐れ

 

は計り知れません。

 

でも、良く考えてみると、日々の生活の中で命の危険は常にあります。

 

道を歩けば交通事故にあうかもしれない、上から物が落ちてくるかもしなれいなど

 

事の大小はありますが、いつだって命の危険は決してゼロではないのです。

 

しかし、今までは日々の生活の中でそんなことを考えることもなく、「命は

 

必ず明日も続いて行くものだ。」と信じ込み過ごしていたのだと改めて感じています。

 

今回の感染症でその確信が崩れ、命の尊さ、1日1日の大切さを考えさせられました。

 

「冬来たりなば春遠からじ」ということわざがあります。

 

色々なことが起こっても、耐え忍んでいればいつかは春が来るという意味です。

 

春に芽を出すためには、冷たい土の中でじっと待ちつことも大切です。

 

季節は必ず巡ります。誰にも平等に、何度も繰り返して…。

 

今、こんなにも厳しい冬が来ているのですから、春はもうじきだと信じて今少し

 

ふんばっていこうと思います。

 

それも一人ではなく、シーサイド湯河原に関わる多くの方々、仲間と共に…。

<< 〇〇してみませんか?   温かさ >>

お電話番号でのお問い合わせ 0465-64-1700 メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求